【韓国映画】「新しき世界」撮影ビハインド①/ポッドキャスト「シネマウンテン」/ファン・ジョンミン

昨年公開された映画「人質」のプロモーション時に
ファン・ジョンミンさんが出演されたポッドキャスト「シネマウンテン」の紹介です。

たくさんの映画の名場面について語られていますので、
4回に分けて記事にしていく予定です。

ちなみに、映画「新しき世界」のビハインド話を語っている「文明特急」の記事はこちらになります。
あわせてご覧ください〜

【韓国映画】「文明特急」インタビュー①韓国映画「新しき世界」ビハインド、撮影裏話他/新作映画「人質」プロモーション/ファン・ジョンミン
新作映画「人質」のプロモーションでファン・ジョンミンさんがYouTubeの有名チャンネル「文明特急」に出演されました。...

ポッドキャスト「シネマウンテン」

「シネマウンテン」は、チャン・ハンジュン監督と芸人のソン・ウニさんがMCを務める人気番組です。

씨네마운틴
명작 영화라는 산을 정복하기 위해 개그맨보다 더 웃긴 개.감(개그맨+감독) 장항준과 토크길잡이 송은이가 등반에 나서는 명작 영화 토크쇼

チャン・ハンジュンさんは今では
「シグナル」や「キングダム」の作家キム・ウニさんの旦那さんとして有名ですが💦
最近は数々のバラエティに登場されていて、
キム・ウニさんネタだけでなく、全般的にしゃべりが本当に面白く、楽しい方です。

このポッドキャスト「シネマウンテン」では
映画監督でもあるチャン・ハンジュンさんとソン・ウニさんのしゃべりのうまいMC2人が、
韓国・外国映画を問わず、
たくさんの映画を取り上げてレビューしており、
とても人気があるポッドキャストのようです。

普段はゲストはいらしゃらないようですが
(以前、ムン・ソリさんがいらっしゃったことがあるようです)
今回はファン・ジョンミンさんがゲストということで、
とても盛り上がっていましたね。

チャン・ハンジュン監督とファン・ジョンミンさんは
ソウル芸大の1年違い、
仲が良かったわけではないですが、お互い知ってはいたようです。
その微妙な知り合い関係の思い出話や、
ジョンミンさんの生い立ちから高校時代までを
同世代(ウニさんもソウル芸大の1年違い)の3人で
お話しする部分もとても楽しい内容になっています。
(あまりに終わらなくてまきが入ってましたね💦)

映画「新しき世界」の名場面を振り返る部分は、
2回目(46回)の35分ぐらいから始まりますが
映画の場面を8〜9か所ピックアップされて
ファン・ジョンミンさんの撮影ビハインド話や
チャン・ハンジュンさんの映画監督からの視点、
ソン・ウニさんの観客の視点など
いろんな話が出てとても面白いです。

ちなみに、ポッドキャストなので
本編は音源のみで動画はありません。
ビハインド映像がYouTubeにあがっております。
(日本語字幕動画の画像は主にこちらからお借りしました)

前半部分の日本語字幕付けました!

元動画はこちらです。

名場面1:最後の病院シーン

まずはファン・ジョンミンさんが選ぶ名場面から。
ジョンミンさんが選んだ名場面は、
最後の病院でのシーンです。

このシーンはチョンチョンが死ぬ間際に
警察であったジャソンのことを気遣って死んでいくのですが、
その中でジャソンが「実はチョンチョンが自分が警察だったことを知っていた」ことを知る、
という、見ている方にもいろんな感情が交差する名シーンです。

ですが、ファン・ジョンミンさんがこのシーンを選んだ理由は、
何と、チョンチョンが死んでいく時の演技において
本当に死んでいく人のように見えるよう、
筋肉の動きとか呼吸とかにこだわって演じられた
ということのようです💦
これまで映画などでよくやらえてきた「うっ!」って感じの死に方ではなく
自然な死に方をしたいとディテールにとてもこだわって演じたそうです。

それから、ハンジュンさんがこのシーンの見どころ
「チョンチョンが実はジャソンが警察だということを知っていた」ということが、
ジャソンにも、また観客にもはっきりと分かるシーンで、
その時の感慨が何とも言えない…
だからこそチョンチョンが魅力的なキャラクターなのだ、という話をするところがありました。
(訳が難しかったのでちょっと補足してみました💦)

名場面2:雨垂れで手を洗うシーン

これはソン・ウニさんが選んだ名場面。

裏切り者を処理し、倉庫から出て、
雨垂れで手を洗い、口をすすぐ、という名シーンです。
これは台本にはなかったアドリブシーンらしく、
そのアドリブについてのジョンミンさんの裏話が面白かったです。

また、ハンジュンさんが監督視点で、
あのアングルがまさにアドリブである証拠だ、という話をしていました。
あれは現場でなければ取らないアングルなのだそうです。

そして、その意図しなかった
「後ろ姿」のアングルこそが、
いろんなこと、まさにチョンチョンの心の内の葛藤を伝えてくれている、
という話が面白かったですね。

名場面3:チョンチョン初登場シーン

チャン・ハンジュンさんが選んだのが
チョンチョンの初登場シーン、空港シーンです。
やっぱりあのスリッパのインパクト、
多くの映画評論家がうなるような名演技だったみたいで、
本当に取り上げる方が多いですね。

このポッドキャストでは、
3人で映画の場面を見ながらお話をしているみたいなんですが、
この場面見た後に、
ジョンミンさんが「恥ずかし〜❕」って叫んでいるのが笑えました💦

この登場シーンでジョンミンさんは
観客に「この人めちゃくちゃだけど、一体どんな人なの?」
と思わせるそういうシーンにしたかったとのこと。
本当にその通りになってます〜😊

コメント